ホーム > ピックアップ > 水銀使用製品廃棄物の適正処理について

ピックアップ

水銀使用製品廃棄物の適正処理について

この度、廃棄物処理法施行令が改正され、微量でも水銀を使用した産業廃棄物は、2017年10月1日以降、保管・運搬・処分いずれにしても、これまでと違った取扱いが必要なものとなりました。

弊社では従来、蛍光ランプ及び電球などは「ガラス陶磁器くず」と「金属くず」の混合廃棄物として中間処理を行っておりましたが、今後は、弊社では積替・保管のみの対応となります。

つきましては、収集運搬・保管用及び処理用の委託契約書と「水銀使用製品廃棄物」用のマニフェストが別途必要となります。

また、蛍光灯などの排出の際は、”割らずに搬出する事”が前提となります。

対象品や取扱など不明な点がございましたら、弊社までお問い合わせください。

参考】環境省HP 水銀廃棄物関係

 

  • 相談受付サービスはこちら
  • Q&Aはこちら
  • facebook
  • blog