ホーム > 総合解体事業 > 解体の流れ

解体の流れ

安全に確かな技術で丁寧に、アフターフォローまで一貫したサービスをご提供いたします。

1.お問合せ

電話(0567-65-5098)、メールフォームよりお問合せください。
以下の内容がわかるとスムーズです。

  • 建物の面積
  • 構造(木造/鉄骨/RC等)
  • 階数
  • 築年数、周辺の道路の広さ、希望工期

お電話でのお問い合わせ:0567-65-5098 メールでお問い合わせ

2. 事前調査・現地調査

お見積りに必要な情報を収集します。
立ち会いいただき、解体・撤去工事における打合せを行います。
現地調査の内容は、主に以下のとおりです。

  • 建物・工事対象区画の延床面積
  • 建物の構造・設備概要
  • 使用重機・機器類、乗り入れ可能な車両の選定
  • 外構、植栽の有無、規模
  • 養生シートの種類の選定、必要枚数 など
  • 想定される廃棄物の分別類型と量(要残置物の確認)

3. お見積り

現地調査を元に、見積書を作成いたします。
3日~1週間程度でご提出いたします。
※着工後、地中から障害物が出てきたときには、別途費用が発生することがあります。

4. ご契約

ご契約書に捺印いただき、契約が完了です。

5. 着工前の届出

解体工事施工について、各省庁へ届出の必要な書類があります。
現場内容による必要書類の作成と届出は代行も可能です。

6. 着工前の手順

近隣への挨拶を実施し、ご挨拶状、工程表、あいさつグッズを配り、トラブル回避に努めます。また、設備の撤去(電機・ガス・水道・アンテナ配線)を行います。

7. 解体工事着工

1. 足場養生の組立
解体工事は、高所での作業が伴うため、まず、足場養生の組立を行います。
通常、木造では丸太を、その他の構造においては単管足場を使用します。
その際、シートや防音シートをかけ、騒音やホコリの排出を最小限に食い止めます。

2. 工作物等の撤去
建物本体から取り外すことのできるものを撤去します。
除去するものは以下のとおりです。
・窓ガラス・ドア・住宅設備・ゴミ など

3. 重機の搬入
周辺の皆様のご迷惑にならないよう、丁寧に重機を搬入します。

4. 建物本体の解体
壁、屋根、梁、柱などが残った上屋を解体し、基礎を掘り起こし、撤去していきます。
ここで、ほこりが飛ばないように、水をまきながら作業をします。

5. 廃材の分別・収集
弊社では、建設リサイクル法が施行される以前から、このように現場で廃材を木材、鉄、プラスチック、コンクリートガラなどに分別を行い、積んでおります。

6. 処分場受け入れ
産業廃棄物の処分場に分別した廃材を受け入れていただきます。
木材は、チップ、燃料などにリサイクルされます。
コンクリートガラは、セメントや埋立などに使われます。

7. 地中障害物の確認
解体終了後、新しく家などを建てるときに最も問題になるのは、いざ家を建てるときに廃材が中に残っていたり、その下にコンクリートが入っていて、またその部分を除去しなければいけないことです。

8. 整地
ブルドーザーなどで地面を平らにします。また、さらに見栄えをよくするために、玉砂利などを敷くこともあります。

9. 重機搬出
重機を搬出、回送します。周辺の皆様のご迷惑にならないよう、丁寧に重機を搬出します。

8. 工事完了後

解体後に、近隣へのお礼の挨拶を行います。
また、建物が取り壊された1ヶ月以内に建物減失登記の手続きを行います。